教えて!不動産担保ローン情報館

総合ランキング

株式会社湊屋商事
オススメ度★★★★★
株式会社リソースプロ
オススメ度★★★★
株式会社エム・アール・エフ
オススメ度★★★★

Home > 不動産の担保ローンについて > 不動産担保ローン活用に関する重要ポイント

不動産担保ローン活用に関する重要ポイント

 不動産担保ローンと言いますのはその名が示す通り、自分自身あるいは親族の持つ土地や家屋等の不動産を担保という形で金融機関サイドから融資を受けることを意味します。
要するに無担保、或いは無保証人で融資を受ける事が可能なカードローンとは異なり、返済できない場合担保となっている不動産が取られてしまうということを意味します。
カードローンと照らし合わせると相当リスクは高そうに思われますが、不動産担保ローンにおいては不動産を担保にすることを通して無担保また、無保証人では得られないメリットがあります。
原則として、自分自身、あるいは親族の保有している不動産ならば担保に入れられます。
しかしながら、担保に入れることになる不動産の資産価値と融資を望んでいる金額が著しく乖離するケースでは、断られるケースもあります。

 基本として不動産の資産価値に加えて、融資を受けることになる当人の返済能力や信用力によりまして、いうまでもなく融資の額は変わってしまうので、二束三文の山林などで融資は受けられません。
不動産担保ローンは事業者向け及び個人向けの種類があります。
活用の用途は、原則として個人対象の場合は自由自在に利用可能ですが、事業性資金として活用できません。
それに対し、事業者対象のローンは運転資金もしくは設備投資といった事業性資金だけしか利用できず、一個人のローン返済に充てることは出来ません。
それに加えて、かりに一個人で自由な使い道で融資を受けると言いましても実際的にどの様な使いみちで活用するのかという使用目的等の説明や費用の見積書の提出が入用になる可能性が大きいといえます。

 不動産担保ローンを活用して融資を享受したいけど、現在において住宅のためのローンの支払い真っ只中の不動産のみしか持っていないでも担保に入れる事が可能かについては、可能といえます。
今現在、住宅のためのローンの支払い中であった場合でも担保に入れる事は可能ですが、住宅のためのローンの支払い中の不動産については、第一抵当権に関しては住宅ローン会社が持っていることから、不動産担保ローンについては第二抵当権となってきます。
要するに、住宅ローンを設定して1年、2年というケースは現実はその不動産に価値がない取り扱いということになります。
住宅のためのローンを支払いしている間の不動産を不動産担保ローンへと入れたいケースでは、ローンの残債を40パーセント以上を払っている事を判断基準に考えましょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP