教えて!不動産担保ローン情報館

総合ランキング

株式会社湊屋商事
オススメ度★★★★★
株式会社リソースプロ
オススメ度★★★★
株式会社エム・アール・エフ
オススメ度★★★★

Home > 不動産の担保ローンについて > 不動産担保ローンを活用する上での注意点

不動産担保ローンを活用する上での注意点

 不動産担保ローンの代表的なデメリットは 返済できない場合不動産を失くす ということです。
担保は借金のカタと言え、債務を果たさない状況での損害をフォローするためのものですから 担保という形で不動産を出すことは、返済不可能な場合売却というタイプのローンです。
とりわけ留意しなければならないのは 個人対象の不動産担保ローンです。
この場合、ファミリーの不動産を担保という形で借り入れることもできます。
自分自身の不動産を担保にし、返済することができないケースに自身の不動産を失くすのであれば自己責任ですので、仕方ありません。
しかしながら、両親や祖父母の不動産を担保という形で借金をしたにもかかわらず、返済が困難で不動産を失うことになれば、両親や祖父母との関係性も崩れます。

 不動産担保ローンを活用すると、登記簿に抵当権が設けられます。
登記所に足を運べば、どんな人でもチェックを入れられる情報として公開されます。
あえて他人の不動産の登記簿を把握するもの好きはいませんが、銀行にばれるリスクがあったり、抵当権がセットされている物件は抵当権を外さないと譲渡できない危険性があります。
そのほか、不動産担保ローンは、掛目という考え方があります。
金融機関が不動産を担保という形で融資に取り組む場合に、担保の評価の一定割合を融資限度額として設けます。
こちらの一定割合を掛目といいます。
不動産の担保のケースでは、掛目70パーセントが相場です。
要するに、1億円の資産価値の不動産を担保として出しても、70パーセントの7000万円しか借りられません。

 また、不動産担保ローンに関しては、どういった不動産でも担保になるものではないです。
不動産担保ローン会社に関しては、ローンの返済がない状況では担保の不動産を売り払って融資した金銭回収へと充てる必要があります。
要するに ローンの担保の不動産はニーズのある不動産でないと不十分 ということです。
ひとつの例として接道してない土地や崖地といった災害の可能性がある土地など、悪い条件で買い方がいないことが予測できる不動産に関しましては、不動産担保ローンの担保にはなることがなく、不動産担保ローン会社によって断られてしまう可能性も高いです。
これについてもデメリットの一つと言えます。
ですから、どういった不動産でも、不動産担保ローンを利用できるものではないということをしっかりと理解することが重要になります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP