教えて!不動産担保ローン情報館

総合ランキング

株式会社湊屋商事
オススメ度★★★★★
株式会社リソースプロ
オススメ度★★★★
株式会社エム・アール・エフ
オススメ度★★★★

Home > 不動産の担保ローンについて > 不動産担保ローンの利点と注意すべき点

不動産担保ローンの利点と注意すべき点

 不動産担保ローンは、別の名を不動産担保融資と呼び不動産を担保にして融資を受けるユーザビリティーの高いシステムです。
具体的に言いますと、不動産に根抵当権並びに抵当権といった担保権を設け、銀行や信用金庫、政府系金融機関さらにノンバンクから個人や法人が融資を受けることになることになります。
不動産という担保があるのであれば、オーソドックスなカードローンやフリーキャッシングそして、ビジネスローンとは異なって、一層大きな融資を受けることができます。
無担保ローンと照らし合わせると安心度もとても高く、ついつい用いてしまいがちなといえます。
しかしながら、不動産担保ローンは無担保ローンとは異なる危険性があります。
借入に先立ってメリットのみならずリスクについても想定し、そのリスクを受け容れられるのか確認することが重要になります。

 不動産担保ローンの最も大きな利点は、高額融資が受けやすいことです。
通常の場合、事業者ローン会社に関しては金銭をたくさん持ち合わせている人、別の角度から見れば債務履行の能力が非常に高い人に対して金銭を貸したがります。
しかしながら、無担保ローンの状態で借りようとする人は債務履行の能力があまり高くないため、少額融資しか受けることができません。
それに対して、不動産を担保に入れることができる人は債務履行の能力がとても高い人のため、高額融資が受け易くなります。
さらに、長期に亘って借り入れがし易いというのも利点です。
融資額が高い額の分だけ融資期間が長くなって、それに合わせ月毎の返済額がダウンします。
月毎の返済する額が下がれば会社組織のキャッシュフローにもゆとりが生じ、安定的な会社の経営を実現出来ます。

 不動産担保ローンで注意すべき点のひとつとして、債務の履行遅滞があります。
債務履行が滞ったケースで、債務者に関してはその不動産を売り払って返済する必要があります。
拒んでいると、強制競売となります。
強制競売は多くのケースで高い金額で売却できないので自分自身で譲渡したほうがよいのですが、担保にしていた不動産が事業と関連する場合困ります。
ですから担保に入れる不動産に関しては、事業と関係を持たないものにしましょう。
さらに、担保にしている不動産の資産価値がダウンするリスクも考える必要があります。
土地並びに建物の価格は一定でなく、環境によって上げ下げします。
担保価値が落ち込んでしまったときは追加担保が求められるケースもあります。
そのほか、不動産担保ローンは取り扱い手数料がかかるケースがあります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP