教えて!不動産担保ローン情報館

総合ランキング

株式会社湊屋商事
オススメ度★★★★★
株式会社リソースプロ
オススメ度★★★★
株式会社エム・アール・エフ
オススメ度★★★★

Home > 不動産の担保ローンについて > 不動産担保ローンの主な特徴と注意すべき点

不動産担保ローンの主な特徴と注意すべき点

 不動産担保ローンと言いますのは、不動産を担保にして金融機関から金銭を借り受けることをいいます。
フリーローン並びにカードローンなど別の借り入れとは相違点があります。
まず第一に、高い金額の借り入れが実現可能です。
担保価値の6から8割程が目安といわれていて、借金の上限については1億程とする金融機関が非常に多いといえます。
不動産価格によりましては高い金額の借り入れも可能です。
そして、 不動産担保ローンの金利の水準に関しては3から10%程と低めです。
不動産担保ローンは通常の場合大きな額を長期にわたり借り受けるため、金利によりまして返済額は相当変わることから金利は大切な要素になります。
因みに、金利につきましては固定金利それから、期間限定固定金利、変動金利と金融機関によりまして違います。

 不動産担保ローンが適しているケースがあります。
まず第一に、もうすでにいくつもの借り入れがある人に適します。
限度額の非常に大きい不動産ローンでしたら、複数の借金をまとめることもできます。
低い水準の金利でまとめられれば返済する額が少なくできる上、返済管理も楽になります。
また、会社員、あるいは返済のめどがたっている人も適しています。
借り入額がとても大きく、その上返済期間が長いことから安定収入を持つ人が適しているでしょう。
ひとつの例として、継続収入が期待できる会社員やそれなりの預貯金を持っている人などです。
さらに、手持ちの不動産の譲渡か賃貸収入が考慮している人も適しています。
不動産を譲渡する予定だが買方が見つかるまでのつなぎ融資を手に入れたい、高水準で賃貸に出すためリフォームに取り組みたいなどの場合にも効果的です。

 不動産を保有していても絶対に融資を受けることができるわけではありません。
住宅の購入時のローンが残存していることから抵当権が存在したり、立地や与信状況によっては融資を受けることができないことも考えられます。
それを把握したうえで、注意することが重要になります。
まず第一に、不動産担保ローンは審査が入用です。
通常の場合、事前審査、本審査、そして契約という進め方で借り入れを実施します。
金融機関にも影響されますが、事と次第によると1ヶ月程かかる場合もあります。
自明のことですが、審査結果で受けられないこともあります。
可能な限り2ケ所以上の金融機関に仮審査の申込みを入れておくと賢明でしょう。
さらに、金利に関しては借り入れの実行の日の金利が適用されるので、申請から契約の取り交わしまでの金利の水準の動きには注意しておくことが大事です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP