教えて!不動産担保ローン情報館

総合ランキング

株式会社湊屋商事
オススメ度★★★★★
株式会社リソースプロ
オススメ度★★★★
株式会社エム・アール・エフ
オススメ度★★★★

Home > 不動産の担保ローンについて > 不動産担保ローンのメリットと留意点

不動産担保ローンのメリットと留意点

 保持している不動産を担保にして融資を受けることができる不動産担保ローンは、高い金額の融資を受ける場合に最適の資金調達方策です。
しかしながら、決して利点だけでもありません。
きちんと不動産担保ローンの長所と短所を見定めたうえで、プランを立てて活用することが重要になります。
オーソドックスな無担保ローンと照らし合わせると、不動産を担保にすることができるため、当然金利は安く済みます。
ほかにも担保にする不動産の資産価値により、高い金額の融資を受けることも可能なのも、不動産担保ローンのとても大きなアドバンテージです。
加えて、フリーローンにカテゴリー化される不動産担保ローンは、融資してもらったお金の利用用途にルールはありません。
原則的に自由に活用することができます。

 不動産担保ローンは、単発的に金銭を借り入れる短期融資のひとつとされるつなぎ融資としても利用されています。
将来、融資を受けることができることは確定されているけれども、できるだけ早くお金が入り用という場合などに活用されています。
不動産担保ローンのケースでは、保証人が不必要な場合もあり、スピーディーに融資を受けられるという観点からつなぎ融資に適しています。
それに加えて、オーソドックスな個人融資のケースでは、通常の場合不動産の資産価値に関わらず、借入の可能額の上限は決まっていますが、不動産担保ローンのケースでは、不動産の資産価値によって、借入の上限額は上昇していきますので、高額融資を望んでいる場合にも効果的なローンといえます。
資金調達においてスピード感が要される場合も利用する価値があります。

 低い水準の金利が利点に挙げられる不動産担保ローンですが、必ずしも低い水準の金利イコール良いことだけではありません。
一般的に考えて高額での融資を受ける局面の多い不動産担保ローンでは、必須条件として返済のための期間が長くなります。
それを見込んでの低い水準の金利でもあることから、一括で払われてしまうと、金融会社にとり収益が減るという実情もあります。
従って、中には一括で返済した場合に違約金を求める金融会社も少なくありません。
後々に一括して返金する可能性が考えられる場合は、違約金の有る無しなどについてチェックしておくほうが無難でしょう。
それに加えて、 担保にしている不動産の資産価値が下がった場合、追加として出す追加担保ですが、不動産は資産価値が変化してしまうものという捉え方がないと、現実に追加担保を求められた場合、困惑します。
資産価値の変動がある資産を担保にしているという自覚が重要になります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP