メディオスターが痛くない理由

メディオスターというのは、レーザー脱毛の一種です。しかし、従来のレーザー脱毛と比較をしても痛みが少ないことで有名です。では、なぜこうも痛みを抑制することができたのでしょうか。その理由は、どこにレーザーを照射するかの違いにありました。従来のレーザー脱毛は、毛乳頭に対してレーザー光線を当てていました。ですから痛みが激しかったわけです。毛乳頭は肌の近くにありますし、痛みを感じる細胞にも刺激が伝わってしまいます。メディオスターは、毛乳頭ではなくて、バジルという部分を目掛けてレーザーを発射します。この部分は、毛乳頭よりはずっと上にあって、肌に痛みが伝わりにくいわけです。バジルは、毛に栄養を与える組織のことです。この部分を潰すことで、発毛を阻害させることができます。毛乳頭を潰すのと何ら変わらない効果が得られるので、痛くないからといってすぐに毛が生えてくることもありません。

メディオスターはバルジを壊す手法

メディオスターは、通常のレーザー脱毛と比較をしても再び毛が生えてくる確率が低いです。それにはもちろん理由があります。メディオスターでは、毛根ではなくてバルジと呼ばれる部分をレーザーで破壊していきます。このバルジという場所は、毛に栄養を与える役割を果たす部位です。ここを破壊しない限り、毛根だけを破壊していても毛が生えてくることがあるわけです。最新の研究によって発見されたこの部分を潰せるので、処置後再び毛が生えてくる心配はほぼありません。しかも、毛根を潰す方法よりも痛みが和らぐという点もメリットとして数えられています。メディオスターは最新タイプの脱毛方法だとして、認知度はますます高まりつつあります。これからレーザー脱毛をしようと考えている人は、こうした新しい手法を採用してみればうまくいくはずです。

メディオスターは最新タイプの脱毛方法

大昔は、レーザー脱毛もなかったので、ニードル脱毛が主流でした。最近になってレーザー脱毛も人気を上げてきていますが、最新タイプのものが登場してきたので、古いタイプのレーザー脱毛はあまり使われなくなってきました。最新タイプの脱毛方法というのが、メディオスター脱毛です。これもレーザー脱毛の一種であることには違いがないのですが、従来タイプのものとは性能が違っています。まず、昔のものは痛みが酷かったのですが、メディオスターなら痛みはほとんど感じません。これは、どこにレーザー光線を当てるかが違うために起こる現象です。今までは毛乳頭に当てて細胞を壊していましたが、現在では毛乳頭ではなくバルジという部分に対してレーザー光線を当てていきます。この部分は、毛の成長因子をコントロールする場所であって、毛乳頭を潰してもここが生きていれば発毛はされると言われている場所です。メディオスターはここを潰すので、痛みがなく高い脱毛効果が得られるわけです。

当クリニックでは、シミ、シワ、くすみなどのお肌のトラブル解消や脱毛施術などに加え、頭髪のお悩みにも対応いたします。 当美容皮膚科による脱毛・美容クリニックのメリットは、医師による診断を受けることができる点で、安心して長く通い続けることができます。 他社との違いを説明するのは簡単ですが、言葉ではなくはっきりと体感できるのは試してみた自分だけなんです。 メディオスター脱毛ならレヴィーガクリニック